刈谷市の内科・小児科・女医・予防接種・健康診断・睡眠時無呼吸症候群(SAS)・各種検査・CT検査・訪問看護・往診は、医療法人初音会 杉浦医院にお任せ下さい。
 
 

➢風しんの予防接種

 

風しんについて

風しんについて
 
風しんの予防接種:愛知県で風しんの患者数が増加しています!(H30.10月現在)
 
平成30年は7月下旬以降、風しん患者数が関東地方を中心に大幅に増加しており、愛知県における風しん患者数も、8月以降増加しており、今後も拡大する可能性があることから、十分な注意が必要です。風しんに免疫のない女性が、妊娠初期(特に妊娠20週頃まで)に風しんにかかると、風しんウイルスが胎児に感染して、生まれてくる赤ちゃんに先天性風しん症候群 と総称される耳、目、心臓などの障害を引き起こすことがあります。
先天性風しん症候群の赤ちゃんが生まれる確率は、妊娠1カ月で感染した場合50%以上、2ヵ月で35%、3ヵ月で18%、4ヵ月で8%程度と言われています。(出典元:国立感染症研究所)
 

抗体検査 –風しんに対しての免疫を持っているか、血液検査でわかります-

抗体検査 –風しんに対しての免疫を持っているか、血液検査でわかります-
 
風しんワクチンを受けているか不明な方、風しんにかかったことが確実でない方は、ご自分の風しん抗体価を検査しましょう 。風しんにかかった記憶がある人の中には、実際は別の病気であったケースもあるので注意が必要です。
抗体検査で、抗体をもっている場合は、予防接種の必要はありません。
しかし、抗体価が低い場合(一般にHI法で16 倍以下、EIA法で 8.0 未満)は予防接種を受けましょう。
時間がない方は、抗体検査は必ずしも必要ありません。風しんの抗体を持っている人が予防接種を受けてもワクチンの副反応が増強することはありません。
 
当院の抗体検査費用:2,500円~3,000円 *診察料は別途必要になります。
 
 

風しんはワクチンで予防できます! -男性も免疫を持つことが大切です-

風しんはワクチンで予防できます! -男性も免疫を持つことが大切です-
 
先天性風しん症候群を予防するためには、女性が妊娠前に風しんの免疫を獲得しておくことが大切です。
また、妊娠中の女性にうつさないために、周囲の男性も免疫を持つことが重要です。
近年の感染は、主に30~50歳代の男性が中心です。
職場で感染する事例もあるため、職場での風しん対策も重要です。
ワクチン接種後約4週間で免疫ができます。風しんワクチンは1回の接種で約95%、2回の接種で約99%風しんを予防することができます。
ただし妊娠中は風しんの予防接種が受けられません。また、ワクチン接種後は2カ月間の避妊が必要です。
 
 
当院の予防接種費用:風しん単独ワクチン         :1回  5,000円(税別)
          麻しん・風しん混合(MR)ワクチン :1回  10,000円(税別)
                                                                    *診察料・注射手技料込みとなります。
予防接種には予約が必要です。お気軽にお問い合わせ下さい。
 
 

風しんの抗体検査・予防接種費用の助成制度 –多くの市町村で助成制度があります

風しんの抗体検査・予防接種費用の助成制度 –多くの市町村で助成制度があります
 
詳しくは、お住まいの市町村のホームページ等でご確認ください。
 
平成30年度の愛知県での風しんに関する記者発表資料はこちら
医療法人 初音会
杉浦医院
〒448-0007
愛知県刈谷市東境町児山98-1
TEL:0566-36-5408
FAX:0566-36-5333

------------------------------
内科全般
小児科
労災指定病院
各種予防接種
健康診断、健康相談
各種検査
CT検査
睡眠時無呼吸症候群検査
訪問看護ステーション
在宅療養支援診療所
------------------------------
<<医療法人 初音会 杉浦医院>> 〒448-0007 愛知県刈谷市東境町児山98-1 TEL:0566-36-5408 FAX:0566-36-5333
初音会|杉浦医院|内科|小児科|女医|予防接種|健康診断|入院|CT|求人|ガン|胃カメラ|在宅|訪問看護|往診|看護師|睡眠時無呼吸症候群|英語|産業医|